矯正歯科で綺麗な歯並びを手に入れよう〜ストレーTOOTH

黄ばみの原因を知る

歯が黄ばんでしまう原因とは

近年では、歯の見た目を美しくするために、歯科医院でホワイトニングを受ける方が多くいます。このホワイトニングとは、黄ばんだ歯に専用の薬剤を付けることで白くする方法です。 そもそもなぜ歯が汚れるかというと、歯の外側のエナメル質にステインと呼ばれる汚れが付くからです。このステインとは、主に紅茶やコーヒーやワインなどの色の濃い飲み物、カレーなどの色の濃い食べ物に含まれています。その他にも、煙草に含まれるヤニも歯の黄ばみの原因になります。これらの着色による歯の汚れを防ぐには、食後にしっかりと歯を磨くことが大切です。しかしながら、長年付着し続けているステインは、なかなかは磨きでは落とせないです。そのため、ホワイトニング治療が有効といえます。

歯科医院で行われるホワイトニングとは何か

歯科医院では、いろいろな種類のホワイトニング治療を行っています。その中でも一番人気なのが、オフィスホワイトニングと呼ばれるものです。これは、歯の表面に高い濃度のホワイトニング液を塗り、ハロゲンライトを当てることで美白効果を得ることができます。この施術を何回か歯科医院で受けることで、徐々に歯を白くできます。この施術では、短時間で歯を白くすることができるのがメリットです。このオフィスホワイトニングの費用は、一般的には1本あたり3000円くらいです。ですから、とてもリーズナブルです。 ですが、ホワイトニングは永久的なものでなく、日が経つにつれて徐々に元の色に戻っていきます。なので、歯科医院で継続的に施術を受ける必要があります。